位牌、仏像、数珠、線香などの仏具のことをわかりやすく解説しています。
位牌・仏像・仏具がよくわかる

位牌は四十九日までに

位牌に入れる文字

位牌には、戒名と亡くなった没年月日、俗名、行年(享年)を入れます。俗名(ぞくみょう)とは生前の名前で、行年(ぎょうねん)とは亡くなった時の年齢です。享年(きょうねん)ともいいます。

戒名の文字の注意点

  1. 戒名の旧字
    戒名の文字は旧字(昔の漢字)が使われることもありますので、白木の位牌の戒名の文字をそのまま正確に仏壇店に伝えることが重要です。

  2. 戒名以外の文字(冠字・上文字・置字・梵字)
    白木の位牌に書かれた文字には本来の戒名の他に、冠字や上文字、置字、梵字などが書かれている場合があります。宗派によって異なりますが、冠字は戒名の上にある「空」「妙法」「法名」などです。上文字は「新円寂」「新帰元」「遷化」などで、どちらも戒名を構成する文字ではありません。置字は戒名の下にある「霊位」「位」などで、これも戒名ではありません。梵字はそれぞれの宗派の本尊をあらわしています。
    本位牌を作るときは、冠字や上文字、置字、梵字などは省いて戒名だけを位牌に記入します。ただし真言宗だけは、戒名の上にある「ア字の梵字」と下の「位」を記入して大日如来の仏弟子となったことをあらわします。

  3. 没年月日
    亡くなった日を記入します。白木の位牌の年月日の下に「没」「寂」などの文字が書かれている場合は一般には省きます。
    年月日は亡くなった日がすぐ分かるよう一般には表面に入れますが、裏面に入れる場合もあります。

  4. 俗名
    生前の名前を入れ、一般には名前の上に「俗名」と記入します。白木の位牌の俗名の下に「事」などの文字が書かれている場合は一般には省きます。

  5. 行年・享年
    亡くなった時の年齢を入れます。満年齢と数え歳のどちらにするか決まり事はありませんが、一般には白木の位牌に記入されている年齢を入れます。
    「行年」と「享年」、「才」と「歳」の文字はどちらも同じ意味なので、どちらを記入しても構いませんが、白木の位牌や古い位牌を参考にして決めます。
    また、「行年」や「享年」の文字を入れない場合もあります。

お一人の戒名を入れる場合

真言宗以外の宗派では、次の図の様に入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

お一人の場合の位牌

ご夫婦の戒名を入れる場合

ご夫婦の場合は一つの位牌に一緒に戒名を入れることができます。
真言宗以外の宗派では、次の図の様に入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

ご夫婦の場合の位牌

真言宗の戒名を入れる場合

真言宗の場合も、上記と基本的に入れ方は同じですが、戒名の上部に「ア字の梵字」と下部に「位」を入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

真言宗の場合の位牌

先祖代々の文字を入れる場合

次の図の様に入れるのが一般的です。

先祖代々の場合の位牌

戒名が無い場合

無宗教などの方で戒名が無い場合は、一般に「○○○○之霊位」というように生前の名前を表面に記入します。その場合、裏面の俗名は省きます。没年月日と行年(享年)は同じように記入します。

戒名が無い場合の位牌

位牌の戒名入れの手法

位牌の戒名入れの手法には、機械彫り文字と手書き文字があります。機械彫の方がより整った文字を入れることができ、手書きの場合は味わいのある文字を入れることができます。文字の色は表面は金色ですが、塗り位牌のみ裏側は朱色になります。
戒名入れの手法には宗派による決まりごとはないので、どちらか好みの方を選ぶことができます。すでに位牌がある場合は同じように揃えることが多いです。
納期は、手書き文字は漆で書いたあと乾かす時間が必要なので、2週間くらいかかります。機械彫り文字は比較的早く文字を彫ることができます。特急仕上げもできますので、納骨まで時間がなくお急ぎの場合は仏壇店に相談するとよいでしょう。

機械彫り文字

機械彫り文字の位牌

手書き文字

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。

お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)