位牌、仏像、数珠、線香などの仏具のことをわかりやすく解説しています。
位牌・仏像・仏具がよくわかる

いろいろな仏像

釈迦如来

釈迦如来 釈迦如来は仏の教えの開祖で実在の人物です。
日本では仏教伝来とともに信仰を集め、多くの釈迦如来が造像されました。
釈迦如来は苦悩する一切の衆生を救済し、人々を悟りの境地へと導いてくれる仏様です。
また釈迦如来を本尊に、向かって右に普賢菩薩、左に文殊菩薩の脇侍(わきじ)を配した形式を釈迦三尊と呼びます。これは文殊菩薩の智と、普賢菩薩の慧の智慧によって釈迦如来を守ると言われています。
釈迦如来は仏壇においては、曹洞宗、臨済宗の本尊として安置されます。

釈迦如来(極上彫り仏像)の通信販売
釈迦如来(鋳造仏像)の通信販売

大日如来

大日如来 大日如来は太陽を中心とした宇宙全体にたとえられ、宇宙の真理そのものの根本仏とされています。また大日如来は密教において最高位の絶対的な存在と言われています。
大日如来は大いなる智慧の光明で人々を照らし、平和と繁栄をもたらしてくれる仏様です。
大日如来には胎蔵界と金剛界の2つの世界があります。大日如来がもっている本質的な智慧の世界を表現したものが胎蔵界で、その智慧が働きだして法力を発揮する世界をあらわしたのが金剛界です。これらの考え方や関係を絵画で示したのが曼荼羅で、それぞれ胎蔵界曼荼羅、金剛界曼荼羅と呼ばれ、合わせて両界曼荼羅といいます。
大日如来は仏壇においては、真言宗の本尊として安置されます。

大日如来(極上彫り仏像)の通信販売
大日如来(鋳造仏像)の通信販売
両界曼荼羅の通信販売

阿弥陀如来

阿弥陀如来 阿弥陀如来の阿弥陀とは、智慧の光と慈悲の命は限りなしという意味です。
西方の極楽浄土にいて説法する阿弥陀如来は、人々を悩みや苦しみから救い出してくれる仏様です。
阿弥陀如来は人々を救うために48願の誓願を立て、その中で「阿弥陀如来を信じ念仏を行なう者は、必ず極楽浄土へ行ける」と説いています。これが阿弥陀信仰が盛んになった大きな理由です。
また阿弥陀如来を本尊に、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩の脇侍(わきじ)を配した形式を阿弥陀三尊と呼びます。これは阿弥陀如来が念仏者の臨終に来迎(らいごう)する時、勢至菩薩は念仏者に極楽浄土への往生の心をおこさせ、観音菩薩は蓮台に念仏者を乗せ極楽浄土へ導くと言われています。
阿弥陀如来は仏壇においては、浄土宗の本尊として安置されます。

阿弥陀如来(極上彫り仏像)の通信販売
阿弥陀如来(鋳造仏像)の通信販売

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。


お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)