位牌、仏像、数珠、線香などの仏具のことをわかりやすく解説しています。
位牌・仏像・仏具がよくわかる

いろいろな仏像

聖観音菩薩

聖観音菩薩 観音菩薩は「観音さま」と呼ばれ、昔から広く民衆に親しまれています。
法華経普門品第二十五は「観音経」と呼ばれ、この中で観音菩薩は施無畏者であると言われています。施無畏者とは「怖いことや災いの無い状態を人々に施してくれるもの」の意味で、一切の衆生(しゅじょう)を救ってくれる現世利益の仏様です。
観音菩薩は人々の苦しみの声を聴き、苦しみのありさまをしっかりと見届けて、そのような人たちを全て救ってくれる崇高で偉大な仏様です。
また観音菩薩は三十三の違った姿に変身して、衆生を救ってくれると言われていますが、その基本形というべき姿が聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)で、宝冠をかぶり、左手に蓮華を持ち、蓮華台座にのる姿が一般的です。

聖観音菩薩の通信販売
聖観音菩薩(白木仏像)の通信販売

不動明王

不動明王 「お不動さん」と呼ばれる不動明王は、「観音さま」と並んで最も親しまれている仏様のひとつで、サンスクリットではアチャラナータ(古代インドではシバ神の異名)と言います。
「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味するところから不動と訳されました。
不動明王は大日如来の化身であり、その命を受け常に火焔の中にあり、あらゆる障害と一切の悪を打ち砕いてくれる霊験あらたかな仏様です。
不動明王は右手に智剣(ちけん)、左手に羂索(けんさく)を持ち、人々を屈服させてまで救済しようと忿怒(ふんぬ)の形相をして、私たちの煩悩を除き一切の災いを打ち砕いてくれると言われています。

不動明王の通信販売
不動明王(白木仏像)の通信販売

不動三尊(三体不動)

不動三尊 大日如来の化身である不動明王は眷属(けんぞく)を従えています。 矜羯羅(こんがら)、制多迦(せいたか)の二人の童子で、穏やかな表情をしているのが矜羯羅童子、好戦的な表情をしているのが制多迦童子です。不動明王がこの二童子を脇侍(わきじ)にした三体の像を不動三尊(三体不動)と呼んでいます。

不動三尊の通信販売

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。

お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)