位牌、仏像、数珠、線香などの仏具のことをわかりやすく解説しています。
位牌・仏像・仏具がよくわかる

数珠・線香

数珠とは

数珠はお葬式や法事、お墓参りの時に手にかける最も身近な仏具です。常にこれを持って仏さまに手を合わせれば、煩悩が消滅し功徳を得られるといわれています。
数珠は合掌する手にかけ、仏さまと心を通い合わせる大切な仏具で、仏事には忘れてはならない必需品です。ですから、どの宗派でも数珠を大切にします。また数珠は、お経や念仏を唱える時に、その数を数えるためにも使われます。
珠数とも書きますし、念珠とも呼ばれます。数珠は、一連、二連と数えます。

数珠の起源

「仏説モクケンシ経」には、お釈迦さまが「国の乱れを治め、悪病を退散させるには、モクケンシの実を108つないで仏の名を念ずればよい」と語ったことが説かれています。モクケンシの実とは、羽子板の羽根の球に用いられるムクロジの実のことです。しかし実際には、数珠はお釈迦さまの時代の前から使われていたようです。
仏教が日本に伝来したとき、数珠も一緒に入ってきました。正倉院には、聖徳太子が愛用された蜻蛉玉金剛子の数珠や、聖武天皇の遺品である水晶と琥珀の数珠二連が現存しています。すなわち、天平年間には数珠が伝えられていたことになります。
数珠が仏具として、僧侶以外の一般の人々にも親しまれるようになったのは、鎌倉時代以降のことです。

数珠の珠の数

数珠は多くの珠をつないで輪にしたもので、珠の数は108個のものが正式とされ、宗派によって形が異なります。108珠の由来は、108の煩悩を消滅させる功徳があるからだといわれています。この正式な数珠を、本連数珠とか、二輪(ふたわ)数珠といいます。
それに対して、現在では持ちやすくする為に珠の数を減らした、略式の数珠が一般によく使われます。
略式の数珠は、18〜43個くらいの珠で作られていて、大きい珠の場合は数が少なく、小さい珠の場合は数が多く、数に決まりはありません。この略式の数珠を、片手数珠とか、一輪(ひとわ)数珠といいます。
略式の数珠はすべての宗派で使えて、珠の種類や房の形も宗派による決まりはありません。

略式の数珠の形

略式の数珠は、珠の大きさによって、男性用数珠と女性用数珠に分けられます。
男性は大きい珠の数珠を、女性は小さい珠の数珠を使うのが一般的です。

正式の数珠の形

正式の数珠は、宗派によって形が異なります。
一般に使われているものは、108個の主玉(おもだま)と、2個の親玉をつなぎ、その親玉に弟子玉(でしだま)と露玉(つゆだま)と房をつけます。
主玉の間に、やや小さい玉を4個入れますが、これを四天玉と呼びます。この玉は、略式の数珠では2個なので、二天玉と呼びます。

真言宗で用いる数珠は、その形から振分数珠とも呼ばれ、真言宗以外の宗派でも用いるので八宗用ともいわれます。
日蓮宗で用いる数珠は、真言宗が両方の親玉に二つずつの房があるのと違って、片方の親玉に三つの房があります。
浄土宗では、二つの輪違いのものに丸環がついている、輪違い数珠が多く用いられます。
天台宗では、平玉の数珠が多く用いられます。
曹洞宗で用いる数珠は、丸環がついています。



数珠の形の図解

数珠の形の図解

腕輪念珠・数珠ブレスレット

数珠は念珠ともいわれる最も身近な仏具ですが、いつも手に持っているわけにはいきません。そこで考え出されたのが腕輪念珠です。
腕輪念珠は厄除けや所願成就のお守りとして、手首につける念珠です。房があるものと、房なしのブレスレットタイプの2種類があります。腕輪念珠においては、男女の区別はありません。

腕輪数珠
腕輪数珠

腕輪数珠の通信販売



数珠の素材

数珠の素材は大きく分類して、木の珠と、石の珠があります。
珠の素材は、宗派による決まりはありませんので、お好みで選べます。

[木の珠(木の素材、木の実)]
木の素材には、黒檀、紫檀、鉄刀木(たがやさん)、白檀、つげ、梅などがあります。
木の実には、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、金剛菩提樹(こんごうぼだいじゅ)などがあります。
菩提樹(ぼだいじゅ)は、お釈迦さまがその下で悟りを開かれたという木で、その実でつくられた数珠は昔から尊ばれ、経典にも「無量の福、最勝の益を得る」と説かれています。特に星月菩提樹は数珠に使われる代表的な木の実で、珠の表面に細かい斑点があり、星を象徴する小さな穴と、月を表す穴があります。
また、羅漢や骸骨を彫った数珠などもあります。

[石の珠(宝石、貴石)]
石の種類には、水晶、メノー、ヒスイ、サンゴ、オニキスなどがあります。
特に水晶は、数珠に使われる代表的な珠で、仏教で言う七宝のひとつに数えられています。弘法大師が師匠の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から伝授された数珠も水晶で、経典にも「あらゆる報障を除滅し、一切の悪業染着すること能わず」と説かれています。

数珠の房

数珠の房の形には、梵天房(ぼんてんぶさ)、頭付房(かしらつきぶさ)、紐房(ひもぶさ)などがあります。
梵天房は、放射状に伸びた糸の先端を丸く切り揃えたものです。
頭付房は、編み込んだ頭がついている撚り房です。
紐房は、打紐をそのまま房としたものです。
房の材質としては、正絹と人絹があり、正絹の方が良いものになります。正絹とは混じり物のない絹で、人絹とは人造の絹のことです。
房の形や色は、宗派による決まりはありませんので、お好みで選べます。

梵天房
梵天房
頭付房
頭付房
紐房
紐房

数珠の品質

数珠の珠は同じ素材でもさまざまな品質があります。特に石の素材は、細かい内傷や表面の加工、色の均一さなどが品質を左右します。また珠の穴の仕上げも、数珠の品質の重要なポイントです。
数珠の房や中通しの糸、仕立て方にも良し悪しがあります。
良い珠を選別し、良い糸を使い、丁寧な仕立てをすれば、質の良い数珠ができる代わりにコストは上ります。逆にあまりにも安い数珠には、何らかの理由があると考えなくてはなりません。

数珠の持ち方・使い方

数珠は、お経を唱えたり、仏さまを礼拝する時、故人を偲び供養する時に、手にかけておまいりします。
数珠の扱い方は、数珠を左手にかけて右手を添えるように合わせるか、合わせた両手にかけ親指で軽く押さえて、合掌します。

数珠の持ち方・使い方

数珠袋(数珠入れ)

数珠袋(数珠入れ)は大切な数珠を携帯するのに便利な念珠入れです。数珠袋に入れて持ち運べば珠や房が傷みません。

数珠袋(数珠入れ)
数珠袋(数珠入れ)の通信販売

数珠は一人に一つ

葬式や法事など仏事に欠かせない数珠は、貸したり借りたりするものではありません。家族の中でも一人ひとり、自分の数珠を用意します。
また、仕事関係で万一の場合に備え、職場にも一つ用意しておきたいものです。お通夜は平服でもかまいませんし、数珠さえ用意していれば、礼を欠くことはまずありません。

結婚式の数珠

お寺での結婚式(仏前結婚式)のときには、「心身ともに健やかで、清らかな家庭を営むように」と、司婚者(住職)から、紅白のリボンがついた結婚数珠が授与されます。縁あって結ばれた二人の幸せを願う「寿珠」なのです。
「嫁ぐ娘に 忘れず持たす 数珠ひとつ」
これは、両親から娘への、幸せを祈る贈り物です。
そのほかに数珠は、成人式、就職祝いなど、人生のさまざまなお祝いに、贈り物として贈られます。

数珠の手入れ

数珠をつかった後は、柔らかい布などで軽く汚れをふき取ってください。木の珠の数珠も、石の珠の数珠も、水洗いや洗剤などを使うのは避けます。
数珠をしまっておく時は、数珠袋や桐箱、紙箱に納めておくとよいです。木の実の珠の場合には、お米の虫などがつくことがありまので、防虫剤などを入れておくと安心です。

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。

お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)